貯金をしないとなぁ

貯金をしないとなぁ

うーん、今月も通帳とにらめっこです。

わたしはあまり貯金をしていません。

しようしようとは思っているのですが中々貯まらなくて、

貯まったと思うと使ってしまうんですよね。

入社5年目にして、貯金は100万ちょっとしかありません。

いずれ結婚を。。。なんて考えると、

雑誌には「結婚に向けて300万円は貯金しましょう」なんて文句をよく見ます。

5年間で100万しか貯まってないということは、

単純計算で300万円まであと10年かかってしまうということですよね。

ああ、その頃にはすっかり結婚適齢期すぎてしまいます。

今のわたしは1人暮らしです。

実家暮らしならばもうすこし貯金できていたはず・・・だなんて言い訳がましく思ってしまうのですが、

実際に月々の出費で1番大きいのは家賃です。

そして光熱費や携帯代、ネット代、保険代などの月々の固定費を引くと、もう10万円も残っていません。

おまけに残業が多く、夜帰ってきて料理する気が起きないので外食ばかりなのです。

特別浪費しているわけではないのですが、月に3万円貯金するのがやっとです。

月に3万円ということは、年間で36万円。

5年間だと180万円の貯金になっているはずなのですが、

うちの会社はボーナスが雀の涙ほどしかないため、大きな買い物や冠婚葬祭での出費は、この貯金の中から使っていくことになってしまうのです。

特に最近は結婚式に呼ばれることが多く、

昨年はなんと7件もあったのです。

こういったお祝いの席に呼んでもらえることは、非常に嬉しいのですが、出費は本当に痛いです。

単純にご祝儀3万円×7回で21万円。

他に毎回の美容院でのヘアセット代やたまに新調するドレス代を合わせると、

昨年は結婚式がらみで30万円ほどの出費となっていたようです。

うーん、このままでは自分の結婚がままならなくなってしまいますよね。

なんとか貯金する方法を考えないと。。。

しっかり者の主婦の友達に相談をしたら、

まず出費をしっかり把握していないことが問題だと指摘されたので、

家計簿を買ってみたのですが、まだ買ったままの状態です。

さすがにこれを付け始めてみようかなぁ、と、

通帳とにらめっこしながら思うのでした。

ホンダエヌワン

キッチンリフォーム

キッチンのリフォームを真剣に考え始めたとき、そう大変なことでもないだろうとタカをくくっていました。

システムキッチンを選ぶのは楽しい作業のはずだし、ショールームとか回って色を選び、ガス器具などを選ぶだけだろうと安易に考えていたんです。

ところが実際に始めてみると、そもそもシステムキッチンを選ぶということが意外と大変なんですよ。

リフォームで一番大事というか、動かせない現実として「予算・配線」があります。予算はもちろん使えるお金であり、配線というのはガスにしろ電気にしろ配管にしろ、マンションの場合はいろいろと制約もあり、やりたくても動かせないとか出来ない仕様もあるということです。

このふたつについては、予算はもう使える金額としてはっきりしていたし、配線についても特に大きくキッチンの位置を動かす予定ではなかったのでクリアできていたわけです。

でも、実際にショールームに行くと、本当に目移りしちゃうんですよ。数を多くみればよくわかるかといえば、そうでもなくて、決め所がないんですよね。

私から言わせてもらうと一長一短というところです。

本当は理想的なキッチンがすでに頭の中にあるのですが、それは既製品のキッチンではできないもので、だとするとオーダーになるわけですがこれが一筋縄ではいかないものだし、実際に金額もはります。かなり気に入ったシステムキッチンは輸入ものでこちらはもっとお値段がかかります。

動かせないものとして予算がある以上、その中でいかに「理想に近付くか」「何をあきらめるか、妥協できるのか」といった判断が重要になってくるわけです。

ショールームで話を聞いたり、リフォームした友人の経験談を聞くと参考になると同時に「余計に悩む」原因にもなったりして、一時期はちょっとうんざりしたぐらいです。

そこで、私自身で何度もメモ書きをしながら、何を一番優先させるのか、どういうキッチンにしたいのか、理想や好きなものや形をリストアップし、そこから組み合わせて不必要なものを削除し、はたまたプロの意見を取り入れて工夫できそうなところはして、リストのスリムアップをめざしました。

こうして、「リストに加えて削る」作業を続けて、ようやくなんとか自分ができる範囲での「こんなキッチンにしたい」というのができたというところです。

まずは「理想と現実」をきちんと把握して、そこからはじめて「どういうキッチンにするか」という話に進むのがいいようです。

貯金をしないとなぁ