沖縄旅行プランを考える

沖縄旅行プランを考える

さてさて、来週にせまった沖縄旅行を前に、雑誌やパソコンとにらめっこの毎日を送っている今日この頃です。

なにせ沖縄へ行くのは初めてなので、一体どこへ行ったらいいのかわかりません。

まず外せないのは、有名すぎる首里城と美ら海水族館ですよね。

首里城は有料で中まで入るパターンと、写真だけ撮って帰るパターンがあるようなのですが、せっかく行くのでしっかりと観光してこようかと思います。

雑誌には所要時間は1時間ほどだと載っています。

そして美ら海水族館ですが、こちらは現地の友人の情報で、15:00と17:00にあるイベント「ジンベイザメの餌付け」は絶対に見た方が良いとのことでした。

こちらは一体どれくらいの規模の水族館かわかりかねますので、どの程度時間をとったらいいのかさっぱりわかりません。

普段行く様な水族館もそうですが、説明だったりショーだったり、細々とイベントが随時開催されているので、全て見て回ると1日かかってしまったりしますよね。

しかし他にも観光に行ってみたいし、とりあえず半日ほど時間を見ておこうと思っています。

そしてまた友人情報ですが、万座毛での夕日はあまりにも有名なので、見ておいて損はないとのことです。

先ほどの水族館から車で1時間程度で着く様なので、午後いっぱい水族館を満喫した後で、万座毛へ移動し、夕日を眺めてから夕食に行こうかと思います。

と、身近な情報はこの程度ですので、他の観光プランも考えなくてはいけません。

ガイドブックをめくると、南部の首里城方面では、平和公園やひめゆりの塔があるそうです。

しかしこれに関しては一緒に行く人の意見もありますので、勝手には決められませんよね。

とりあえず候補に入れておこうと、ふせんを貼付けておきました。

他に気になったのは古宇利島です。本当から小さな古宇利島へかかる橋の写真がとても印象的なのです。

真っ青な海の上にかかる長い長い古宇利大橋。

ぜひともここへ行ってみたいのですが、どうやらこの古宇利島には目立った観光スポットはないようなので、どうしようか迷っています。

今のところはこの程度なのですが、水族館以外は天気が大きく関係しそうです。

こればかりはどうにもなりませんので、今から祈るばかりです。

あ、雨の日プランも考えなくてはですね。

札幌のお見合いパーティー|横浜のお見合いパーティー

最近の子供は忙しい

今、末っ子は小学校1年生です。

現在、彼はスイミングとテニスを習っており、それに小学校に入ってからはそろばんが加わりました。

そろばんは週に4日あります。ただ、これはおおざっぱな時間帯が決まっているだけで、先生にも「なるたけ週に3日以上通ってください」とは言われますが、その時々に応じて臨機応変に通えるので楽ですが。

それでも、考えてみると、彼は平日ほとんど、「習い事」があるという状態です。

すでに大学生になっている長男のときも、それこそ初めての子ですから熱心に習い事を調べたりもしましたが、小学校のときに通っていたのは25メートル泳げるまでと約束して3年生まで続いたスイミングぐらいです。ただ長男は少年野球チームに入っていたので、週末はほとんどそれでつぶれましたが。

しかし周囲の話を聞くと、平日みんな何かしら習い事が入っているというのは珍しくもないんですよね。

中には「お絵描きとスイミング」「公文と体操」というように水曜日にダブルヘッダーで教室に通っている子も少なくはないのです。しかも最近は土曜日に「スイミング」や「体操」を入れている子もけっこういるんですね。

平日は、計算教室や学研などの教室が週に2回はあり、他に英語とピアノとか入っていて、「だからスポーツ系は週末のクラスにしてパパにお願いしているの」というパターンです。

本当、最近の子供は忙しいのですよ。

それに、すべての教室が家から至近距離ならいいけれど、大抵は親の送り迎えがついてまわりますから、母親のほうも「細切れに忙しい」ってことになるんですね。

別に格別教育熱心というわけでもなくても、子供のほうも「○○に通いたい」と言いますし、今は外で遊べる公園も少なければ、一緒に遊ぶ友達もいない。だから、教室や習い事が「放課後遊び」と同じようなものになってしまっているのかもしれません。

時折、自分の子供の頃と比べて「かわいそうかしら」と思わないでもないけど、時代とともに放課後の時間をどうすごすかが変化していくのは、それはそれで当然かもしれないとも思う今日この頃です。

沖縄旅行プランを考える